ピアノ買い取りを依頼する前に付属品を用意

ピアノ

ピアノ買い取り額を上げる方法

弾くことがすっかり減った不要なピアノをご所有なら、ピアノ買い取り業者へ売って、現金にするのも素敵な選択肢です。どうせ売るなら少しでも高い方が良いですから、ピアノを買った時に付いていた付属品などがありましたら、査定を受ける前に揃えておきましょう。例えば椅子もその1つで、普段は邪魔になるからといって物置に仕舞ってある場合でも、ピアノ買い取りの際は用意しておくのがおすすめです。また、ピアノカバーや鍵盤用のカバーなどもあるようなら、可能な限り買い取りまでに準備しておいてください。それほど重要でないように感じる小物類ですが、純正カバーには製造ブランドのロゴマークがあしらわれているなど、査定でも好材料になるのです。

楽器

付属品やメンテナンス具合でピアノ買い取り額は異なる

付属品の有無は高額査定を目指す時に重要ですが、ピアノ買い取りでは、ピアノ自体のコンディションも買い取り価格に影響します。ピアノ本体のメンテナンスが行き届いていれば、仕入れた後に業者が行う作業も減りますので、そのぶん高値での買い取りにつながるといった仕組みです。そのため本体にホコリやカビが付いている際は、最低限それらを拭っておき、綺麗な状態にしておきましょう。ピアノは外見も意外に大事ですから、多少手間が掛かる場合でも、ピカピカのコンディションにして査定を受けることが賢明です。見た目が良好ですと、今まで丁寧に扱っていたというアピールポイントになるため、買い取り業者へ好印象を与えるのにも役立ちます。